FC2ブログ
    娑婆駄場苦楽舞
    戯言1.051 そーゆー事よーーー

    ずいぶん違うなー。

    同じ人間かー!?

    違う人間だわなー。

    ミュージックビデオ部門というところに出ているひとのを見たのだが、

    ずいぶん違うのねー。

    同じ人間とは思えない。だから違うっつーの。あそっかー。

    ひとそれぞれ、人生いろいろ、タッチが違って当たり前。

    生き方も考え方も違うんだろーなー。

    自分にはないものなので、とても新鮮。とてもフレッシュ。

    飾るのは、どーも苦手で、逆に素を出すのも苦手だ。

    じゃー何が出てるの?

    う~ん、何だろうねー? 曲がった人格。

    あら~~~、そりゃ良くないねー。

    そっかなー!?

    そりゃそーでしょー。

    意外とシャイなの。

    シャイってーーー!?・・・・・いくつになるの?

    いくつでしょー?

    こっちが聞いてるの。

    言いたくない。

    なんか都合悪いの?

    さー、どーでしょー?

    何じゃそれ!?

    何じゃそれってー。そもそも話違うじゃん。

    あのねー。話ってーのは、ひとっところにいつまでも居るんじゃないのね。重たい石じゃないんだからー。

    重たい石なんて言ってないさー。

    例えで言ってるのー。

    例えはいいから、ぼちぼちケツ考えないとー。

    だからー。ケツ今考えてんのよー。

    あ~~~考えてるんだー。

    当ったりめーだろー。

    あ~~~スルメ。

    へっ?何っ?へっ?何っ?

    当ったりめー。

    あ~~~旨いねー。噛めば噛むほどに。

    そーゆー人間になりたいもんだねー。

    そーゆー事よーーー。


    スポンサーサイト
    戯言1.052 あまりに情けない

    この時期は、ちょっと野良仕事してると、すぐ蚊が寄って来やがるなー。

    殺虫剤は欠かせない。

    お、来やがったなーという時に狙ってシュー。

    しかし風があって、プーン。お、またかよー。シュー。

    ウザいなー。ったくー。

    これを思うと、例えば、ちょっといい男、ちょっといい女っていうのは、

    何処に行ってもモテるから、蚊とおんなじで、きっとプーンと寄って来るに違いない。

    お、来やがったなー。ウザいなーという時も多分にあるだろー。

    殺虫剤でシューという訳にはいかず、追い払っても追い払っても寄って来る。

    その点そんな風になった事なんて1度たりともなく、寄って来るのは蚊ぐらいのものだ。

    そーゆー意味では、追い払う手間も省けて、いい事なのかも知れない。

    大抵は、ほぼ骨格で、ある程度決まるだろー。

    骨格が同じだと、声も似ているという。

    小生は、別に自慢じゃないが、沢田研二に声が似ていると幾度か言われた事があるが、

    どー高く見積もっても、ほど遠い。

    それと、全部が全部似ている訳ではなく、ほんのたまに似た声を出すという事で、

    骨格もきっと違うだろーし、骨格からいったら、沢田研二とは、まったく似ても似つかないひとに、

    似ていると言われるので、声は骨格だけに寄らないと言えるだろー。

    たまに、志村けんに似ているカラスの声を聞くが、骨格からいったら、

    そりゃー、だいぶ違うだろー。

    まー、何にしても、ウザいのは嫌われる原因であるので、

    嫌われている若しくは好かれていないと思ったら、スッと撤退するに限る。

    蚊とおんなじように、プーンと寄っていってばかりでは、

    そのうち、パチンとやられる事になるのは、目に見えている。

    スッと避けたにしても、ウザいと思われる事には変わらないし、

    蚊とまでに落ちぶれるようじゃ、あまりに情けない。

    (敬称略)


    戯言1.053 ハラホレヒレハレ

    しかしまー。
    千もあれば、ひとつやふたつは、いいのあるだろー。

    そーだなー。千人居りゃー、ひとりくらいいいのいるだろーからなー。

    なんの話?

    パーセンテージの話だよ。

    あ~まーねー。いやいや、そーじゃなくてー。

    えっ?何っ?

    何って~、千くらいあれば、ひとつやふたつは、いいのあるってゆー事ー。

    それ聞いたけどー。何ーっ?

    何ーって~、まーそのー、千も。

    千もどーしたー?

    書いた。

    何を?

    ぐだぐだを。

    あーーーーー。その事ー!?

    その事ー。

    千にひとつやふたつじゃしょーがないねー。
    せめて、百にひとつやふたつ、いやいや、十にひとつやふたつやろーなー。

    えーっ!? そんなにーっ!?

    そんなにって、野球選手なんか十にふたつやみっつにもなるんだぜー。

    だってあれ、棒に当てるだけやん。

    バカー。あれフツーのひと当たんないよー。

    当たんないからフツーのひとやってるんじゃん。

    あそっかー。いやそーじゃなくて、それでメシ食ってるならってことよ。

    それでメシ食ってないし。

    あそっかー。 ゃでも、やっぱり量より質やろー。

    そーやなー。量より質やろーけど、どーゆー質かってーのも難しいよなー。

    そこよそこ。質にもいろいろある訳やから、やっぱりコンセプトっちゅー事になっちゃうねー。

    コンセプトはぐだぐだ~。

    あー、ならこのままでいいんじゃないかねー。

    あ、何、いいんだーこのままでー。

    このままで十分ぐだぐだしとるよー。

    しとるよね~。

    しとるしとる。このクソ忙しい世の中、こんなぐだぐだ他にそーないわ。

    フゥワ~~~・・・・・ハラホレヒレハレ。


    戯言1.054 ふんにゃ~~~

    やっぱりねー、ただクソ真面目に生きてるだけじゃ面白くない。

    だいたい生きているなんて半分冗談みたいなもんだからねー。

    冗談半分よー。人生なんて。

    だってそーでしょーよー。下手したら、簡単に殺されちゃったりするのよー。

    そこまでいかないにしても、事故とかもある訳だし、病気もある訳だし。

    いくらきれいに着飾っても、それは体裁でしかない。

    そーしたら、半分冗談と思ってなきゃやってらんないでしょー。

    あの号泣会見も、どーせなら、笑いながらやれば良かったのよ。

    どーせケツが見えてるんだから。

    ケツが見えてないのは本人だけ。

    あーゆーのを、頭隠して尻隠さずってゆーのよ。

    周りは大笑いだよ。当の本人は号泣ってー。笑えるわ~。

    まー、そーゆー意味じゃー、人生笑えるという事を証明してくれた訳だわ。

    一所懸命に研究して、最後は自殺って、そりゃー悲しいと言えば悲しい結末だけど、

    半分冗談で考えれば、何やってんだよーって感じで、半分冗談の結末だよ。

    昨日もテレビでタトゥーのひと出てたけど、あれだって、入れたはいいけど、

    あ、やっぱやーめたーって、また痛い思いして削ったりして、何やってんだよーってなっちゃう。

    冗談もキツ過ぎるわ。

    世の中、そんな冗談まじりな話は、ごまんとある。

    そーであるんだから、クソ真面目な顔して、テレビにまで出て、

    それは如何なものかと、とかの言い回しというのも、如何なものかと。

    もしかして、それも半分冗談でやってるんじゃないかと思える。

    そーなると、まるでコントになっちゃって、

    何、結局、コントだったのー?

    世の中、もしかすると、すべてコントなのかも知れない。

    あらららら~~~~~半分じゃなかったんだーーー。

    ふんにゃ~~~


    戯言1.055 ビータか~

    それにしても、

    世の中は、情報で溢れ、モノで溢れ、ひとで溢れ、ブログで溢れ、会社で溢れ、店で溢れ、

    音楽で溢れ、騒音で溢れ、公害で溢れ、ゴミで溢れ、無駄で溢れ、悪意で溢れ、

    便利で溢れ、不便で溢れ、夢で溢れ、挫折で溢れ、雑草で溢れ、虫で溢れ、

    勝手で溢れ、自由で溢れ、不自由で溢れ、傲慢で溢れている。

    片付けの達人は、やはりモノを減らす事を提唱している。

    そりゃーモノを減らさない事には片付かないから、当たり前ったら当たり前だ。

    しかし、ただ単に捨てればいいという事じゃないのも確かだ。

    そりゃー全部捨てればスッキリするが、それじゃーもぬけの殻。

    何にもなくなったら、それこそ落ち込む。

    そこには、要るモノ、要らないモノとに分ける必要があり、そのためには、

    考えて、取捨選択をするという事になる。

    要るか要らないか微妙、大事か大事じゃないか微妙、使うか使わないか微妙、

    きっと、そんなはっきりしない、ホント微妙なモノが多いのだろう。

    それは、モノに限った事でもなくて、他の事にも当てはまるだろう。

    あるひとにとっては必要だし、あるひとにとっては不必要となるだろう。

    必要だけど、使うのは10年に1回あるかないか。

    このあたりが一番微妙だ。

    ひとに寄り、フィギュアとかぬいぐるみとか工作物とか、いわゆるオタク系のモノは、

    他のひとが見たら、ガラクタでしかなかったりする。

    要らないよー、そんなもん、何に使うのー?

    何にも使わない。それは、鑑賞だったり、自己満足だったり、収集だったり、思い出だったり。

    エスカレートすると、取り留めもない。

    すべてが雑然としている。

    モノで溢れたのが嫌で片付けをする。

    ひとで騒音で溢れたのが嫌で田舎暮らしをする。

    雑草とか虫で溢れたのが嫌で都会暮らしをする。

    ひとは、思い思いに暮らして、思い思いに行動して、思い思いに発言して、

    自由のような、不自由のような、よくわからない。

    思考まで雑然としてしまい、頭の中も散らかっている。

    すべてが嫌になり、ぶん投げたくなる気持ちもわからなくはない。

    これがまた、何にもなくなってしまった事を考えると、それもまたさみしい気がする。

    心休まるところを求めて旅は続く。ビータか~。


    戯言1.056 いつも能天気

    だいたい、暑いからだの忙しいからだの、そーゆー言い訳じみた、

    言い訳がましい事なんて聞きたくないのよ。

    冬になれば、寒いからだの忙しいからだのに変わるだけで、

    年がら年中忙しい忙しいってー。猫の手も借りたいんだよ~~~。

    それじゃー、タコ社長と変わらない。

    こーゆー、真っ先に言い訳言うってゆーのは、もー癖になっちゃってる。

    そこでひとたび軽い風邪でもひこーものなら、あ~~~具合悪いのよ~~~。

    熱もだいぶあってさー。調子悪いのよ~~~。ゴホンゴホンゴホン。

    おい、いつになったら、暇になるんだーーーーー?

    その調子じゃー、一生忙しいのとちゃうかねー!?

    当てにならない。

    もーこー当てにならないと、当てにするだけ無駄だ。

    もっと景気のいいやつはいないのか。

    金はないけど、それ以外の事だったら任せといてよー。

    そーゆー気持ちのいい返事が欲しいのよ。

    あーでもないこーでもない。

    じゃーどーなんだ?

    天気が悪いだの具合悪いだの調子悪いだの、口だけは調子がいい。

    話にならない。

    もっとガッツのあるやつはいないのか。

    どーせ癖付けるんだったら、ガッツの癖付けないとねー。

    勢いというのかねー。がむしゃらというのかねー。

    ひた向きとか懸命とか一心不乱とかわき目もふらないとかパワフルとか。

    スパッと気持ち良くいかないとねー物事は。

    嘘でも、いや~暇だね~なんかやる事なーいーーー?

    暇持て余しちゃってさー。手持ち無沙汰ー。カッカッカッ。それにしても暇だわ~。

    あんまり暇過ぎて、畳の目数えちゃったよ~。

    百八までいったら、嫌になっちゃってさー。煩悩だわ~。

    ケラケラケラ。

    いーなーおまえーはー。いつも能天気でーーー。


    戯言1.057 確固たるもの

    能天気なやつっていうのも、世の中いるんだね~~~。

    上には上がいる。負けるわ~~~。

    勝ち負けじゃないけど、負けるわ~~~。

    誰しも、やっぱり最初からそーじゃなくて、いろいろな紆余曲折があって、

    能天気になったり鬱になったり。様々だ。

    そーゆー意味じゃー、開き直りってーのも大事な事かも知れない。

    たぶん、きっかけはほんの小さな事だったりするだろー。

    やっぱりふたつにひとつの決断をしなければならない。

    時に中間という様子見もあるが、いずれは決めないとならない。

    いつまでもずるずるという訳にはいかない。

    ものの見方考え方捉え方で変わってしまう。

    やっぱり精神的に、自分が楽な方を選ぶのが順当だろう。

    悶々としていても埒が明かない。

    騒音で、あちこち電話で文句言ったり、近所に文句言いに行ったりもしたが、

    こいつは、言わないとわからないんだなーと思い、言いに行く。

    言いに行くには、それなりに腹を決めていかなければならないし、

    言わないで、年がら年中ドタンバタンじゃかなわない。

    言わなければ我慢しないとならない。

    時に逆ギレされる事もあるから、注意しないとならない。

    ヤバいヤバそーなやつは、何を持ってしても手に負えないやつもいるからだ。

    見るからにこいつおかしいわ~~~というのもたまに居る。

    たまに電車の中でも、ぽっかり空いてしまってる空間があったりする。

    見れば、やっぱり変なのが居たりして、誰も近寄らない。

    ソートー変だと車両を移動するひともいる。

    触らぬ神に祟りなし。最悪の神だ。

    そーゆー、あーもこーもあって、いろいろな場面を乗り越えて来て、

    それでも能天気で居られるのは、本物モノホンの能天気で、

    地盤を固めた能天気模様は、確固たるものなんだねー。


    戯言1.058 いくらなんでも

    久しぶりにゴボウを買って食ったが、旨いねー。

    どー考えても泥クサいのに旨いんだねー。

    まったく不思議な食べ物だが、泥にも旨みがあるんだろーねー。

    泥の中で暮らしている虫もいるんだからねー。

    そのゴボウは薄く切って炒めて大好きなピーマンも入れて、

    7割程度火が通ったらひき肉を入れて、化学調味料と塩コショーだけのシンプルなものだが、

    とても旨い。8割でも良かったくらいだった。

    みそ汁に入れても旨いし、天ぷらも旨いし、前にテレビでやっていたのは、

    ぶつ切りで低温でゆっくり素揚げしただけというのもあるよーだ。

    たたきゴボウで煮たものも旨いし、きんぴらも旨い。

    惣菜で売っているきんぴらは甘いが、砂糖とかみりんとかで甘くしなくても、

    酒、しょうゆだけでも微妙に甘くなるというのもテレビでやっていた。

    本来の甘さが出るという事だったと思う。

    料理も、それほど凝らなくても、逆にシンプルの方が、本来の味を出しやすい。

    極度に味付けされたものばかりを食べていると、味覚もバカになっちゃう。

    香水の付け過ぎと同じだ。

    マヨラーなんかも典型的なバカ症状だろー。

    マヨラーなのよーなんて自慢しているのは、味覚バカを表に出しているよーなものだ。

    白いご飯に塩を掛けて食ってたやつもいたが、あれなんかもだいぶおかしいだろー。

    真夏の熱中症対策じゃないんだから、やっぱり変だ。

    その変が、だって~、味ないんだもん。これだ。味あるでしょー。

    漬物には、必ずしょうゆを掛けるのだが、しょうゆは旨みをプラスするので、

    からいとかしょっぱいとかの前に、旨みをプラスしているので、

    それで、からいとかしょっぱかったら、少しずつ食べればいいので問題はない。

    しかしまー、からいという表現は、小生的には辛いとなり、塩辛いを略してからいなのだろーが、

    やはり、しょっぱい、塩っぽいという言い方になる。

    単に、辛い物好きというひとも、おるよーだが、それも度が過ぎると、バカになっちゃうだろーし、

    やはり内臓的にも、あんまり良くないだろー。

    エスニック好きなひとは、しばらくは、エスニックを我慢してみる方がいいかも知れない。

    だって、見ていると、ありゃ~えぶりでーじゃないのーみたいなひともおるよーだ。

    やっぱり、好きにもほどがある。

    いくらなんでも、毎日ゴボウは食えない。


    戯言1.059 そりゃーねー

    そりゃーねー、ため息も出るわー。

    何やったって上手くいかない。夢の宝くじという割には、いくら買っても夢どころか逆夢だ。

    万が一当たって、ついうっかり喋ったりしたら、逆に妬まれる。出る杭は打たれる。

    大人しく、じっとして居ても牡丹餅は落ちて来ない。

    ドンドン年は取る。ドンドン税金は上がる。ドンドン年金は下がる。

    ドンドン厳しくなる。ドンドン狭められていく。ドンドン疲労困ぱい。

    3本の矢は何処に放たれているのかさっぱりわからないし、下手したら突き刺さってしまう。

    やって来るのは、要らないメール、要らないDM,要らない電話、取り立てばかり。

    何かポストに入ったと思ったら、請求書。

    ピンポンが鳴ったと思ったら、あ~~~要らんわー。

    羽を伸ばすつもりで行ったのに、ありゃ~羽むしり取られちゃったー。

    飛ぶに飛べない。

    地べたを這いずり回るだけ。

    ナメクジの気持ちがわかるわ~。

    2次元の世界になっちゃったー。

    行けども行けども先が見えない。

    何処行ったー。3次元はー?

    ホームセンターでさえ、羽売ってる筈もない。

    世間じゃーお盆休みらしく、移動が凄いよーだが、

    羽が生えて来るまでは、ただただじっとしている。

    わたし田舎に帰ります。

    帰る田舎もなく、ただただじっとしている。

    蝉がミンミンジージー鳴いて、夏らしさは最高潮だが、

    夏の終わりを告げているともとれるし、

    あっという間の夏なんだなー。

    そりゃーねー、ため息も出るわー。


    戯言1.060 それにしても

    それにしても、この時期、意外にもマスクは必要かも知れない。

    いつもバスは、一番後ろが空いていれば、そこに座るのだが、

    真ん前に30前後の男が座った。すると微香が漂って来た。

    その微香がいい香りなら、まだいいのだが、う~~~ん、ちょっと~なんだね~。

    そのなんだね~のニオイ、プラス、この時期の汗臭さが混じって、しばらくすると、

    うっぷ的になって来た。両手で口と鼻を押さえるが、横を向いても少し侵入して来る。

    まだあと15分はあるな~~~オエッ。

    3mほど先に、これがまた、う~~~ん、ちょっと~趣味じゃないのね~。

    その趣味じゃないのね~の服装が目に飛び込んで来た。

    パッと見、それほど悪いというほどでもないのだが、よーく見ると、悪いのだ。

    ほとんど白と黒だったので、地味かと思いきや、あら~、趣味悪いわ~~~。

    細かいところの趣味が悪い。

    まったくの他人だから、別にカラスの勝手だろーが。う~~~ん。それにしてもね~。

    そして街に到着して、某チェーン店の牛丼を食ったのだが、入って5分後くらいに、

    30前後の男が入って来て向かいに座った。そして、一番安い朝定を頼んでいた。

    それほど気にする事もなく、食っていたのだが、

    あれ~~~っ!? チラッチラッと見ると、んーーーっ!? 食い始めるのがちょっと遅いな~。

    んーーーーーーーーーーっ!? 出たーーーーーっ!!!!!

    チラシ寿司風全部のせーーーーー。出たーーーーーっ!!!!! 出ちゃったーーーーーっ!!!

    よく目を凝らしては見ていなかったので、途中経過はわからんが、チラッと見ると、やっぱりー。

    納豆、玉子、お新香、がなくなっている。見えるのは、どんぶりの上に海苔がアバウトに刻まれたものと、

    みそ汁だけー。食い始めるまでが、やたらと長い。

    そりゃそーだ。一番最初、納豆を混ぜていたのは知っている。

    それからきっと、玉子を混ぜて掛けて、お新香もまんべんなく乗せて、それから刻み海苔だ。(アバウト)

    全部準備が整うまで、そりゃーそれなりの時間が掛かる訳だ。

    納豆は掛けて食うのは当たり前っちゃー当たり前だ。

    そこに玉子を掛けるのも仕方ない。としても、そこへお新香は乗せちゃーいけない。、

    まして刻み海苔じゃないのに、刻んじゃった。

    おいおいおいおい。いや~~~、20年ぶりに見たわ~~~。

    20年前に見た時は、オジサンだったのだがーーーーー。

    そのオジサンは、もっと凄くて、それを撹拌し出した。まんべんなくー。ありゃ~~~。

    どんぶりを手に持ち、おもむろに食べ始めたところを目視して、出て来た。

    おいおい、また見ちゃったよ~~~。

    まったくの他人だから、別にカラスの勝手だろーが。う~~~ん。それにしてもね~。なんだな~。

    そのあと、駅のトイレに行ったのだが、トイレから出る時、手を洗っていたところ、

    入って来た50前後のひとが、用も足さずにすぐ鏡の前に立って、くしを出して、髪をセットし出した。

    今どき、そんなのあんまり見た光景ではなかった。

    それも、ケッコーずいぶん殊の外極めて甚だ実に大層余程ひどく相当念入りにセットしているようだった。

    おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい。

    その顔でそれかい。

    まったくの他人だから、別に何をしよーと、カラスの勝手だろーが。う~~~ん。それにしてもね~。なんだな~。

    世の中、いくらお盆休みだとはいえ、いくら自由だとしても、いくら何をやってもいいと言っても、

    いくらカラスの勝手だとしても・・・・・それにしてもねーーー。

    それにしても。