FC2ブログ
    娑婆駄場苦楽舞
    Page-1-451

    戯言451 ウキウキ

    そっかー。

    体調不良は良くないねー。

    バイオリズムってのもあるだろうけど、

    心身共に鍛えた方がえーわなー。

    美味しいもの食べて元気出さないかんで。

    身体は、鍛えた方がえーねー。

    スロージョギングがえーよ。有酸素運動。

    無理しない程度にね。

    今は、ちと寒くてなー。なかなか。

    足腰を鍛えて、筋肉をつけないと。

    スクワットかなー。

    心は、無心になることだろな。

    頭ん中空っぽ。

    前向きな考え方だろな。

    現状があり、前にも後ろにも行く可能性がある。

    どっちにも頭は、考えられる。

    どっちもキリがない。

    後ろ向きに考えると、それもキリがなく、元気がなくなる。

    ダメージが大きいと、余計に元気が出ないだろう。

    前向きに考えるのも、キリがないかも知れんが、元気が出る。

    どうせなら、元気の出ることを考えた方がいい。

    使うエネルギーは一緒だ。

    気分転換にどっかに出かけるのもいいかも知れない。

    そーすりゃー、心=頭も健全になり、

    心身共に健全だ。

    全てが、いいサイクルになる。

    病は気から。気の流れを良くした方がいいねー。

    嬉しくなることを考えた方がいいねー。

    嬉しいことをいっぱいにする。

    ウキウキすることをねー。






    スポンサーサイト
    Page-1-452

    戯言452 感覚

    すべての人間の行動の基本は、

    感覚、ニュアンス、慣れだろう。

    コップに水を注ぐ。

    耳かきで耳掃除。

    車の運転。

    歌を歌う。

    ドラムを叩く。

    包丁で切る。

    料理。

    絵を描く。

    何かを削る。

    誰かと話しをする。

    書道。

    スポーツ。

    ビリヤード。

    ゴルフ。

    感覚、感性が一番大切だ。

    いちいち物差しを持ってきて測ったりしない。

    感覚は、磨けば磨くほど鋭くなる。

    当たり前のことのようにやっていることも、

    磨かれたからこそ上手く出来る。

    深夜にモノを運ぶトラック野郎も、

    トーシロは、眠気を催す。

    プロは、眠気を感じない。

    慣れるまでが大変であって、慣れてしまえば、

    凄いひとは、目をつぶっても外さない。

    そこまでいけば、神業だ。

    プロは、テキパキと仕事をこなす。

    いかに早く正確にやることが重要なことであろう。

    合理性を高めること。無駄な動きはしない。

    集中すればするほど疲れる。

    そして気分転換する。

    このサイクルは、生きている限り続くものであろう。

    仕事とは、ちゃっちゃちゃっちゃとこなすものをいう。

    ちんたらやっていてはダメなのだ。

    頭は生きているうちに使え。

    感覚は、磨くためにあるのだ。








    Page-1-453

    戯言453 どーなの

    漁師カレンダーがさー、他のもだいたいそーなんだろーけど、

    2.000円なんだってさー。

    だいたいカレンダーなんて買ったことない。

    これを高いと見るか安いと見るか妥当だと見るか。

    どーなの?

    使うのは、1年ポッキリ。

    カレンダーから声が聞こえる訳でもなく、

    カレンダーから匂いがする訳でもなく、

    ピクチャーと日付が印刷されているだけ。

    画像が動く訳でもなく、

    特典が付く訳でもなく、(だと思う。)

    海鮮品が送られる訳でもなく、(だと思う。)

    どう見るかは、買うひとによる。買わないひとにもよる。

    だって見るだけだから、誰が見たって構わない訳で。

    買わないと、中が見られない。

    その見るとこの見るじゃ、また意味が違う訳で。

    それと、敢えて比較させてもらえば、

    どっかのBANDが、1月下旬にCDを出すらしいのだが、

    7曲で、1.500円らしい。

    1曲あたり、215円。

    これを高いと見るか安いと見るか妥当だと見るか。

    1年ポッキリでは、なさそうだが、

    飽きると、それ以下ということになってしまう。

    1年聴いたとしたら、表彰ものだ。

    音が出る。それだけ。

    音がどーなのか、それが問題になる。

    買うひとの趣味による。買わないひとの趣味による。

    デフレにより、モノの価格が安くなった。

    これからは、インフレの時代。

    漁師は、12で2.000、どっかは、7で1.500。

    13になるのかな。表紙を入れて。???。

    どーなの?

    比較は出来ない・・・こりゃ失礼。。





    Page-1-454

    戯言454 ヤングマン

    今日あたり、このクソ寒い中を、

    ヤングマンは走る走る走る。

    走りまくる。

    20kmだろー。キツーーーーーッ。

    オヤジときたら、2kmでへとへと。

    それもスローのスローで、20分かかる。

    ヤングマンは、20分もあれば、6.6kmは進む。

    日頃の鍛え方が違う。根性も違う。年令も違う。

    体力も違う。筋肉も違う。顔も違う。違う違うずくめ。

    こう寒いと走る気力もない。走るまでもいかない。

    ボーッとテレビ見てるくらいだ。

    じじいは走るボルトの如く。

    実は、全然ボルトの如くじゃない。

    でも、このボルトの如くは、そっちの走るじゃないのは、

    ご承知の通りで。

    ガツガツ行こうぜー。

    貪欲に行こうぜー。

    ガリガリ音立ててさー。

    ガキガキとしたさー。

    ガキガキとした音好きなの。

    削る感じの音。ギターの音色。

    ガキッみたいなやつ。

    所詮オヤジバンドなんで、

    いーじゃん。テキトーで。テキトーが一番なの。

    マラソンは、テキトーとはいかない。

    たすきをつながなければいけない。

    このたすきは、来年再来年にも続く。

    天気良くて良かったねー。

    富士山もきれいに見えるでー。

    ヤングマン、頑張ってやーーーーー。。






    Page-1-455

    戯言455 イメージ

    空と海。

    わかりやすい。

    名前を空海にするひとは、まずいないだろう。

    恐れ多くて付けられない。

    そらとかうみはいそうだ。

    ま、とかく最近は、やたら妙な名前を付けたりする。

    最近って言っても、ここ20年くらいやろか。

    なんて読むのこれ。ヘーッて。

    英語がヘーッて聞こえるらしいのは、前に書いた。

    英語と日本語でヘーッなんだろうが。

    それにしても、ヘーッなんていうやついない。

    あまり妙なのも考えものだ。

    いくつかは知ってはいるものの言えない。

    なんだかアニメに出てきそうな、ちょっと飛び過ぎ。

    子供は、名前を選べない。

    付いたら付けられたままがほとんどだろう。

    改名するひとも中にはいるかも知れない。

    その昔、悪魔くんが話題になったが、どーしたんやろか。

    悪魔ねー。普通じゃない。尋常じゃない。度を超えている。

    そういう飛び過ぎってのが、いいんだろか。

    理解に苦しむ。

    イメージってやつが、言葉にはある訳で。

    空と海。

    爽やかな感じだ。

    澄んだイメージ。青。

    そういうイメージを大切にした方が、

    いいと思うのだが。






    Page-1-456

    戯言456 駅伝

    迅速果敢。

    倒れ込むひとが多い中、倒れない、へっちゃら。

    凄いわなー。

    誰だってカメラの前でぶっ倒れたくないけどさー。

    立てよ立てよーしっかり立てよー

    監督の声がスピーカーから怒鳴る。

    立てないの。立てないっちゅうねん。

    もーダメ。限界。キツーーーーーッ。

    富士山も海の景色も見てる暇ない。

    5人のたすきリレーは、えらく離れるなー。

    5区は、高低差864mだって。

    気温も14度→5度まで下がる。

    芦ノ湖は寒いなー。

    5区のランナーは、ちょっと厚着。

    区間によって、えらく違う。

    アップダウンはキツいだろーなー。

    山登りもキツいぜー。

    山下りもキツいよなー。

    全部キツいわ。

    864mは、ちんたら登ったってキツい。

    往路だけじゃまだまだわからない。

    復路の最後の最後までわからない。

    それにしても、CMが多くて長い。

    なんとかならんの。






    Page-1-457

    戯言457 バカ

    バカにならないとダメだ。

    よく言うことに、この、もっとバカになれとか、バカをやれとか、

    バカにならないとダメだぞって言う言葉を使う。

    バカになるとは、

    そこまで一所懸命やって、バカだねー。

    そんな途方もないことやって、バカだねー。

    そんな年までやって、バカだねー。

    ブログで言えば、そんなに更新してバカだねー。

    普通のひとは、そこまでやらないで終わる。

    バカをやるとは、普通程度じゃ終わらないということだ。

    普通では、普通のままだ。

    継続は力なりということだろう。

    俺は、普通でいいよって言うやつがいる。

    だから、普通なのだ。

    そこまでやる元気がないとか、もうそんな年じゃないとか。

    だから、普通なのだ。

    そんな言い訳じみたことなんか聞きたくない。

    そーゆーやつらが多いから、普通はいかに多いことか。

    せっかく生まれてきたのに、何故にもっと自分を出そうとしないのか。

    これは、まったくもって、もったいないし、

    親にも失礼だろう。

    どうせ数十年で死ぬ運命であるならば、

    やりたいことを思う存分やった方がいいに越したことはない。

    誰に遠慮がいるものか。

    好きなことをやるために生まれてきたのではないだろうか。

    だからといって、他人に迷惑をかけてはいけない。

    法律も遵守しなければ、捕まってしまう。

    それさえ外せば、好きなことをやったもん勝ちだ。

    特に、年が若いのであれば、ドンドンやった方がいい。

    何にもやらないで、後悔するならば、

    やって後悔した方が、どれだけいいことだろうか。







    Page-1-458

    戯言458 只

    回る回るよ時代は回る

    回り回って、古いモノが新しくなる。

    よって、古いモノこそ新しい。

    そう考えると、うちのバンドは、意外に新しいのとちゃうやろか。

    音楽性のタッチは、20年前にやったのと、まず変わっていない。

    その20年前の時点でさえ、それほど新しさはなかった。

    巷では、もっと進化したモノが流行っていた。

    そうなると、もっと古い感じになる。

    古いというよりも、

    平たく言えば、流行らない音楽ということになるかも知れん。

    流行った試しがないのかも知れん。

    流行らないタッチの音楽をやっているということになるかも知れん。

    何十年続けていても、一向に流行らず。

    もしかしたら、もっともっと先を行っているのかも知れん。

    そーとも取れない。

    基本的には、売れないモノを売っていても、稼ぎにはならないので、

    普通だったら、撤退若しくは改良となる。

    続けていれば、赤字は増える一方だ。

    赤字覚悟の還元セールとも違う。

    古い雑貨屋、昔の小間物屋で、売れ残りの商品が、

    ほこりをかぶって、何年も何十年も店の片隅みに置いてあるのと一緒。

    ビニールで覆われてはいるものの、色が褪せてしまって、

    臭いは、カビ臭い。

    もしかすると、使い物にならないかも知れない。

    誰も買わない。

    駅伝で、一所懸命に走って、頑張ってはいるものの、

    たすきを渡すことが出来ず、繰り上げスタートしちゃって、

    精根尽き果てて、倒れ込む。

    涙が止まらない。

    時代は、回ってはいるものの、いつの時代にも乗り切れず。

    哀しい。あまりに哀しい。泣くに泣けん。

    ヤバい。

    超マイナス思考になってしまった。

    そう、マイナス思考とは、こういうことなのだ。

    どこまで考えてもキリがない。

    だからこそ、

    そう考えると、うちのバンドは、意外に新しいのとちゃうやろか。

    売れまっせー。

    ドンドン売って見せまっせー。

    これだよ。この調子で行こうぜーーー。。

    考えるのは、只だ。

    中島みゆき氏歌詞拝借






    Page-1-459

    戯言459 最終判断

    やはり、友達というのは、選ばないといけない。

    まず、マイナス思考のやつはダメだ。

    性格の悪いやつもダメだ。

    こーゆーのやろうと思うんだけど、どーかなー。

    と相談したとする。

    やめといた方がいいよ。

    いーねー。

    ふたつにひとつの答えだ。

    どっちの答えを言うのかで、決まる。

    その答えで流されてもダメなのだ。

    自分で考えて、やろうと思ったことは、やった方がいい。

    性格の悪いやつというのも、存在する。

    そーゆーのは、距離を置いた方がいい。

    ひとに相談したところで、

    やった方がいいよって応援してくれるやつは、

    1割にも満たないのではないだろうか。

    ただ、ひとの意見は参考にした方がいいのは確かだ。

    後になって、やめておけば良かったと思うことも、

    あったりするからだ。

    何故にダメなのかをよく聞くことだろう。

    自分の中で熟考しなくてはいけない。

    あまりにダメダメを聞き過ぎると、

    やめておいた方がいいのかなーってなっちゃう。

    そのあたりは、自分で判断するしかない。

    いつでも最終判断は自分しかいない。





    Page-1-460

    戯言460 才能

    餅呑み込むやつ凄いなー。

    1升くらいの餅呑み込むんじゃなかろうか。

    すすり餅、ユトリ餅とか言うらしいね。

    佐賀県白石町だってさ。

    なんだか消化に悪そうだなー。

    どーなるのかねー。

    旨いのかなー。

    胃の中餅だらけになっちゃうねー。

    胃もびっくりだろうなー。

    なんだよー、餅ばっかじゃねーかよー。

    消化しねーぞー。

    それも凄いし、大食いも凄い。

    いるんだねー、凄いのが。

    大食いとマラソンの倒れ込まないひとって、

    何か似ている気がするの。

    人並み外れた何かを持っているというのか。

    超人だよ。

    普通気持ち悪くなったり、苦しくなったりってーのが、

    全然へっちゃらで、下手したら、笑ってるもんなー。

    上には上がいるもんだ。

    大会に出るだけでも、凄いだろうに、

    その強豪に勝っちゃうんだから、半端ないわ。

    小生には、まったくそーゆーのは、ないわ。

    何やっても、人並み以下だろーなー。

    なんかないかなー。

    何にもないなー。

    特技とかさー。

    これは人並みってーのは、あるにはあるけど。

    自慢にはならんなー。

    浅くて広くないって感じかねー。

    まだどっかに埋もれた才能が隠れてんのかなー。

    もし隠れてるのなら、早いとこ出て来てもらわんと。

    可能性は、明らかに低いねー。

    宝くじ並み。