FC2ブログ
    娑婆駄場苦楽舞
    戯言641 中途半端

    しかしまー、

    毎日毎日やることあるねー。

    寝なきゃなんないし、メシ食わなきゃなんないし、

    風呂入んなきゃなんないし、歯磨かなきゃなんないし、

    買い物行かなきゃなんないし、ニュースぐらい見とかなきゃなんないし、

    それに学校仕事だろー。

    ひとによっては、塾、習い事、レクリエーション、コミュニケーション、

    その他に、やれ確定申告だ、やれ支払いだ、やれ申請だ、やれ返信だ、

    やれ冠婚葬祭だ、やれ法事だ、やれ宿題だ、やれ予習だ、やれ見舞いだ、

    やれ旅行だ、やれ筋トレだ、やれウォーキングだ、もー、やれやれだ。

    そんなこんなで、優先順位を付けるとなると、掃除なんかは後回しになっちゃうわー。

    いやいや、みんな多忙な訳だわ。

    要領よくこなさないと、遅々として進まない。

    だからと言って、風呂なんかもザッと入るよりは、ゆっくり入りたい。

    メシだってゆっくり食いたいし、ゆっくり寝ていたい。

    ゆっくりテレビでも見たいし、ゆっくりコーヒーぐらいは飲みたい。

    ゆっくり景色でも眺めていたいし、ゆっくり遊びたい。

    ゆっくり日向ぼっこしたいし、ゆっくりとした時の流れを味わいたい。

    だからと言って、ゆっくりはしていられない。

    ゆっくりは、のんびり、ゆとり。

    のんびりしたいけど、のんびり出来ない。

    のんびり出来ないけど、のんびりする。

    毎日毎日が、ギスギスしているのも、なんだかやるせない。

    毎日毎日を、キッチリやるってーのも、どーにもねー。ロボットじゃないんだからねー。

    ケッコー、ロボットになっちゃってるひとおるよー。

    元を正せば、やっぱり人間なんだからさー。

    コンピュータじゃないんだからねー。デジタルじゃないんだからねー。

    アバウトにフランクにいい加減にテキトーにほどほどに。

    そーすると、これまた中途半端になっちゃったりしてねー。

    でもねー、こればっかは、しょうがないのよ。

    キッチリ完璧はあり得ないからねー。

    コンピュータでさえ、誤作動するんだからねー。

    コンピュータよりもアバウトな訳だから、やっぱりいい加減でいいんじゃないかねー。

    やり過ぎちゃダメだし、やらなさ過ぎもダメ。

    あっちもこっちもやらなきゃならんのやし。

    あっちちょこちょここっちちょこちょこ。

    気分転換して、またちょこちょこ。

    考え過ぎてもダメ、考えなさ過ぎもダメ。

    熱の入れ過ぎもダメ、熱の入れなさ過ぎもダメ。

    仕事し過ぎもダメ、遊び過ぎもダメ。

    偏っちゃダメ。

    すべて中間の程良いところ。

    すべて中途半端。

    それで良し。こー思うしかない。



    スポンサーサイト
    戯言642 けものみち

    世の中、中途半端だと思っていたにも関わらず、

    天気ってーのは、ピーカンの晴れた空がやはり気持ちいーねー。

    洗濯物は、すぐ乾くし、外に出たくなる。

    傘持たなくていーからねー。

    中途半端の曇り空だと、なんだかパッとしない。

    雨は、これまた嫌だしねー。濡れたくないしねー。

    そこいくと、植物は違う。やはり雨降ってくれないと枯れちゃう。

    死活問題になってくる。農家だって同じ。

    雨降りっぱなしでも、これまた困る。

    太陽が照りつけないと、これまた死活問題。

    自然ってーのは、神様だわねー。

    また、天気のいい土日は、何処も混むからねー。

    道路は渋滞、海、山、テーマパーク、デパート、アウトレット、飲食店、催事、何処もかしこも一杯。

    この機会を逃す訳にはいかない。休みが明ければ、また仕事。

    何時間も並んでるのも嫌だしねー。時間の無駄。

    みんなと同じじゃ、こーなっちゃう。

    こんなことなら、うちでゆっくりしてた方がマシ。

    しかし、みんながみんな休んでいる訳ではない。

    仕事しているひとがいないと、ゴーストタウンに遊びに行くことになっちゃう。

    ていうか、遊びに行けない。交通もストップじゃ、徒歩チャリしかなくなる。

    この前乗った電車の運転士さんも女性のひとだった。

    窓越しに指差喚呼が聞こえて来て、カッコえーなー。

    一所懸命仕事してる姿には、惚れちゃうねー。

    それにしても、線路をずぅーっと見ているのも、なかなかに大変な仕事だねー。

    1日くらいなら、やってもいーけどねー。毎日毎日じゃー。とてもとても。

    あ~、線路も見飽きたな~。

    レールの上走るのは、仕事だけでえーわ。

    人生、レールの上じゃ、どーにもこーにも。

    脱線したいわー。仕事中の脱線は困っちゃうけどねー。

    脱線しないまでも、集中してないと、車突っ込んで来たり、ひとが居たりと。

    神経使うわー。停車駅も、キッチリ止まってくれないと、みんな規定の位置で待ってるからねー。

    誤差いーとこ50cmくらいやろか。

    昔、某駅務員だったひとが、車掌になり、その後運転士になったのを見かけたことがあった。

    ほー、運転士は、なかなかなれないのねー。

    国家試験があるんだろーねー。

    今頃は、重役になっているかわからん。

    あー、意外にも、人生もほぼレールの上になっちゃったのかなー。

    よくよく考えると、ほぼ多数のひとは、レールの上になっちゃうのかなー。

    まーひとそれぞれだけどねー。

    小生は、脱線しまくりだなー。

    ていうか、レールないのとちゃうかいねー。

    まるで、けものみちを歩くが如く。

    それはそれで大変よ。




    戯言644 凄いわ

    そー、

    人間の原動力は、気持ちだろーねー。

    気の持ちようで、どーにでもなるもんだろーねー。

    まず第一に気持ちがないことには、何も始まらない。

    このブログもある時を境に、よし千書いてやろーじゃねーか。

    どんなくだらないことでも、1度書いたことがあるにせよ、

    違う言葉なら問題ないだろー。

    まず、このブログの目標は、千だ。

    そりゃー、なるたけ幅広く書きたいとは思っている。

    別にタイムリーである必要もないとも思っている。

    ただ自分の知らない世界の事は書けない。

    それほど知識がある訳じゃないので、

    現在過去未来今後の目標も含めて、自分なりの言葉で著したい。

    とりあえず、暖かくなったらストリートゲリラライブやるぜ。

    どこでもいーって訳にはいかないしなー。

    どっかいーとこないかなー。

    まー、そっちにエネルギー入るようだと、こっちのブログは、

    時たまになっちゃうかも知れないけど。

    でも、動けば動いただけネタは増えるだろーねー。

    がむしゃらにやるのもひとつの方法だろう。

    やって失敗したら、またやり直せばいい。

    充電することも大事。

    動くということは、何かをやろうという気持ち。

    塞ぎ込んでちゃー、じっとしているだけだろう。

    そんな時があるのも当然のことだろう。

    でも、何かをきっかけにして動けることだろう。

    千里の道も一歩より。

    4千キロの道。

    8百万歩くらいだろうか。

    それほどはるか彼方だと、まったく先が見えない。

    100分の一くらいのところに、まず目標を置く。

    よく1日1万歩を目標に歩けと言う。5kmほどだろう。

    8百日間歩けば、千里に達する。

    2年ちょいで達成だ。雨風の日を外したとして、3~5年だろうか。

    おー、そー考えると達成不可能でもなさそーだ。

    ある程度目標なりが見えれば、気持ちも動くことだろう。

    富士山登頂千回以上の實川欣伸氏と比較したら、大したことじゃないけど、

    4千キロ歩いたら、威張る必要はないが、威張れることだろう。

    昔のひとは、ホント歩いたんだろーなー。

    靴も満足にない時代だからねー。わらじで、かー。

    ホント凄いわ。




    戯言645 凄いひと

    この世の中、ホント凄いひともそれなりにいる。

    オリンピックでメダル取ったひとは、やっぱり凄いし、

    ギネスブックに載ってるひとも、やっぱり凄いし、

    それ以外だって、そりゃーいっぱいいるわ。

    テレビでピックアップされた行商のおじちゃんおばちゃん。

    イモトアヤコだって凄いわ。

    あら~、エベレストって百万かかるんや~。

    それでもだいぶ引下げられたんやなー。

    ありゃりゃ、ネパール側からだと5百万以上かかりそーやわ。

    タッカーッ

    2年は暮らせる。スポンサーなしには無理無理。

    それにしても、昔のひとはホント偉いなー。

    衣食住だって、それはそれは満足のいくものじゃなかっただろう。

    それから考えれば、今は体たらくもいーとこだ。

    昔のひとから見習うべきは、まず第一に根性だなー。

    少しばかり暑いだの寒いだの不味いだの辛いだの厳しいだの疲れただの、

    昔のひとが聞いたらお笑い沙汰だ。

    根性だって、やはりまず気の持ちよう気の持ち方だろう。

    生ぬるい環境で育てられた現代人は、はるかに根性が足りない。

    そりゃー、昔にはない現代の悩み考えというものも存在するだろうが、

    周りの人間と比べてばかりじゃ根性は養えない。

    寝ぼけたところに焦点を合わせてちゃいけない。

    富士山が見える見えないの次元じゃどーにもしょうがない。

    とかくこんなのが幅を利かせている時代。

    比較対象をもっともっと広げないことには、いつまで経っても一緒だ。

    根性だって磨けば磨いたなりの成果ってものがあるだろう。

    そして気が付いたら、凄いひとになっているかもわからん。




    戯言646 独り言違い235

    ふぅ~

    ケッコー書いたけどな~

    まだまだやな~

    独り言ってやつも、頑張って数の少ない方を選んでいるけど、

    今確認すると、1.703と1.938で235の違い。

    誰だか多い方を選んでるやつがいるな~

    この前は、いくつ違いだったっけかなー。

    なんだかあんまり縮んでない気がするなー。

    余計に燃えてくるぜー。

    この回を忘れないように、独り言違い235ってタイトルにして、

    また、少し経ったら、見てみるとするか。

    今日235書けば追いつくなー。

    あ、い、う、え、お、か、き、く、け、こってやっちゃったら、まるでアホやしなー。

    そんなアホじゃしょうがない。

    ここは正当路線でいくべきだろう。

    意外にも曲がったことが嫌いなのかも知れない。

    でも、今まで全部、数の少ない方を選んでいた訳じゃなく、

    見当たらなかったので、数の多い方にした時もあった。

    やっぱり自分の心情として、少ない方を応援するという意図から来ている。

    マイナー志向ってやつだろうか。

    マイナーだって砂金のように輝いているのもいるのよー。

    メジャーばっかり追っているのはみいちゃんはあちゃん。EFだねー。

    売れてりゃいーってもんじゃない。

    若けりゃいーってもんでもない。

    まー、違いのわかる人間にならんとねー。

    ブログのカウントだけじゃ判断材料にならん。

    カウントが多けりゃいーってもんでもない。

    アクセスが多けりゃいーってもんでもない。

    記事数が多けりゃいーってもんでもない。

    顔が売れてりゃいーってもんでもない。

    偉そうにすりゃいーってもんでもない。

    まー、風呂場のカビの如く、じわじわ増殖していって、

    気が付いたら、アチャーッ。真っ黒け。

    戯言のカビは、今も増え続けている。

    カッカッカッ。



    戯言647 申し訳ない

    いやいや、

    度々来て頂いてホント申し訳ない。

    こんなクソブログ如きにお時間を頂戴してホント申し訳ない。

    こんなクソ戯言をお読み頂いてホント申し訳ない。

    いやいや、

    皆さんあってのクソブログです。

    歴きとしたクソブログです。

    認められたかどうかは、わからんけど。

    実は、私は、クソバンドもやっておりまして。

    先日は、クソライブも敢行致しました。

    それはそれは、空席を除いての満席でして。

    んで、DVDをやっと観ることが出来たのですが、

    まったくもって冴えないのが露呈してしまいました。

    音が小さいということと、微客の拍手がこれまた小さくて、

    これ、リハーサルスタジオの大きいところみたいな感じになっちゃってまして。

    おまけに一番最後に、終わったあとに客が座りだしやがってよー。

    普通、終わったあと、帰るってーならわかるけどなー。

    おいおいおいおい。

    どーなってんの?この世の中は?

    まったく理解出来ないままに、本日ひな祭りを迎えることになりました。

    昔は、男であるにも関わらず、ひな壇を飾って頂きました。

    あのお雛様は何処に行ってしまったのでしょうか。

    何処かの誰かにあげたのかも知れません。

    この年になって思うに、こーゆーことは、とても大切な事ではないかと思いました。

    昔からの風習ということでもなく、今が何なのかということを実感することが、

    大切な事だということです。

    今日は何の日というのが、あまりに増えてしまいましたが、

    やはり形式的かも知れませんが、年中行事という節目は、季節を実感出来るだろうし、

    あー、やっと春が来たなーと、つくづく感じることが出来るからです。

    この季節感ってやつは、人間にとってとても大事なことです。

    ニッポンの四季の移ろいを肌で感じることが、

    ニッポン人の誇りになると思います。

    まったくもって、小さい島国とはいえ、環境はとても良い国であると思います。

    これ以上環境を悪くすることなく、

    これからもクソブログながら、感じたことを発信していきたいと思っております。

    いやいや、

    度々来て頂いてホント申し訳ない。



    戯言648 何処かで

    いや、

    こりゃどーも。いつもいつも。

    ささ、上がってお茶でもどーぞ。どーぞどーぞ。

    コーヒーにするー?

    あ、この前お隣から頂いた煎餅があったなー。

    いやいやいやいや、ままままゆっくりしてったらえーがー。

    んでーんでんでんでんでー。

    へー、そーかいねー。

    ほーほー、ありゃーまー。

    これはこれはどーしたことかねー。

    ほー。ふん。へー。はー。おー。かー。もー。げ。はい。あー。ふー。あちゃ。

    あれあれあれあれ、もーこんな時間だわ。

    んなら、今日はもー泊まってったらえーがー。

    この前貰った焼酎がー。ほれ。あったあったー。あったたたたー。

    んじゃちとなんか買ってくっかー。

    ろくなもんあらへんがー。

    今日はパーッとパーッとパーッとパーッとーーーっ。

    眠くなったら、そのままごろ寝でもね。

    ハイハイハイハイ、刺身ステーキサラダにおでんに漬物肉じゃが焼きそば寿司天ぷら

    ほれビール焼酎追加ーチーズにヨーグルト玉子焼き茶わん蒸し。

    いやいやいやいや、重かったわー。

    ま、近くに出来とっと助かるわー。

    ま、うちの冷蔵庫うちのコックさん代わりなんで。

    コックさん腕はそんな悪くないけどアレンジ力バリエーションにちと欠けるのよ。

    月並みだけど、まままま、まままま一杯。

    ふー。やっぱ最初はこのビールねーどこでも誰でも。どーしたもんかねー。こりゃ。

    ほれ、ほれほれほれほれドンドンやっちゃってー。ガンガン。

    色変わっちゃうからー。刺身刺身ー。ホイホイ。

    あーあーあーあーももももビールはこれ一杯だけで。

    さあて、焼酎は水割りお湯割り?あ、いっけねー。トマトと炭酸忘れたー。

    いやいや、これハマっちゃってー。

    いやいやいえねー、この前大塚の店何気に入ったらこれあってさー。

    んで、うちで試そうといつもいつも思うんだけど、ほれ買い慣れてなくてこれがまた。

    うち帰って来てあれ、毎度毎度忘れちゃうんよー。

    もう1回わざわざ行くのもなんだしねー。そんでまた水割りに。

    ま、欲言えば隣に出来てれば、すぐ取って来るんだけどねー。

    でも隣に出来たらうっさくてしょーねーしねー。

    あれあれ、ろくなテレビやってないわー。

    こーくだらんことやられてもなんだかねー。

    まあ眠くなったら遠慮せんと言うてやー。

    そそそそ。ゆっくりしてったらえーがー。

    まー、バーチャルになっちゃったけどねー。

    とりあえず雰囲気だけだけどー。

    今度は何処かで一杯いきますかー!?

    見かけたら声かけてくださいよー。



    戯言649 大事

    今更だけど、

    歌には心と言うものがある。

    いわゆる歌心と言うもの。

    たぶん以前にも書いたと記憶しているが、

    メンボでそいつのアパートに行った。女と暮らしていた。

    デモテープを持って聴いてもらうためだ。

    なにやらイギリスの国旗が堂々と掲げられていて、

    他はシーツであろう白一色だった。

    まったくもって不気味な部屋だった。

    そいつといざスタジオに入った。

    前回のCDに収められている曲なのだが、

    シャッフルのしんみりした曲をやったところ、

    ベードラを、ドットドットドットドットッと踏むのだった。

    そいつは、ミュートしてあるベードラの毛布までも取り除き、

    やたらにどでかい音でベードラを踏んだ。

    あそれっ、あどしたっ、のような、

    なんだかお祭りのようになってしまい、一言言ったのだった。

    あ、すいません、もー少し抑揚を出して叩いてもらえますか?と。

    そしたら、そいつは、曲に抑揚ないんじゃないの?と言った。

    いやいやいやいや、違うでしょー。

    こっちが少なくとも頼んでいるんだから、あ、そーですか。

    または、あ、そーですねー。と、

    普通だったら、抑揚を出して叩くだろう。

    まったくもって、わかってない。

    そんなやつが存在すること自体が、あり得ない。

    そのクソ野郎とは、その時限りだった。

    そして、今現在とを比較してみると、

    いやー、たった2回のリハで、もーレコーディングだ。

    というのは、やはりメンバーそれぞれが歌心を持った叩き方、

    弾き方をするからこそなのだ。

    あのクソ野郎とだったら、100年かかったって、ろくなものは出来上がらないだろう。

    まったくこの手のブログには、持って来いの話だ。

    あんたねー、もう一度幼稚園から、やり直した方がえーなー。

    幼稚園の先生から教わらなかったのかなー。

    お遊戯とかさー。

    例えば、ひまわりさんだったら、ひまわりさんらしく、明るくにこやかに。

    カラスと一緒に帰る時間は、夕暮れのさみしさ。

    僕らはみんな生きているだったら、元気に活発に。

    そーゆー、言葉ひとつ取ってみたって、その言葉の意味があったりする訳だ。

    そんなこともわからずに、何がドラムだ。

    ふざけんじゃねーよ。

    カッコばっかイギリスにしたところで、心というものがわからないんじゃ、

    イギリスの国旗にだって、まったくもって失礼極まりない。

    そんなやつらが幅を利かせるようじゃ、この世は終わりだ。

    あいにく幅を利かせられないようで、今頃どーしていることやら、

    まったく興味がない。

    そこへいくと、うちのメンバーは、ホント人間が出来ている。

    腹が出ていようが、頭が薄かろうが、背が低かろうが、

    ホント粒揃いのいーメンバーなんだ。

    バンドというのは、ホント難しい。

    まー、例え一瞬のことだとしても、

    こーゆー、いー時は、大事にしたいと思っている。



    戯言650 どーしたことか

    あ~~~、

    段々てんてこ舞いになってきた。

    というより、しっちゃかめっちゃかの方が正しい。

    めちゃくちゃごちゃごちゃゴタゴタガタガタギシギシガタゴト

    雑然困惑乱雑混沌荒廃混乱混迷当惑狼狽支離滅裂

    すべてにおいて片付けを余儀なくされた。

    ひとつひとつを片付けていく以外に方法なし。

    こーゆー時に限って、なんでまた。

    こんな時にまたかい。

    追い風が吹くように次から次へドンドン。

    ジャンプの追い風はいーだろーが、まったく、

    追い風でありながらの逆風。

    風まで乱気流のようだ。

    バッサバサやっつけていく方がいーだろー。

    こんな時に督促状なんかが届くと、余計にイラつく。

    うっせーなー。

    だいたい、電話にしても郵便物にしても誰か来たにしても、

    いらねーのばっかりが来る。

    立て込んでいるんだ。あとにしてくれ。

    日頃の行いというものが、如何に大事かということだ。

    出したものは、仕舞う。所定の位置に。要らないものはドンドン捨てる。

    部屋の中が荒れ果てていくと、生活も荒れ果てていく気がする。

    あらら、こんなとこに年賀状が。

    ついでに当選番号確認しておくかー。確認したんだっけかなー。

    えーとどれどれ、3等までしかないのかー。

    ケチってやんなー。昔よりホント少なくなっちゃったのねー。

    番号4つしかあらへん。

    ハイ、全部確認済。ひとつもあらへんがー。

    なんだよこれ。

    まー、こんなとこで運使いたくないから別にいーんだけど。

    だいたい、こんな年賀状ってやつも、もー時代遅れだよなー。

    印刷されてくる訳だし、こっちも面倒だから印刷する訳だし。

    ま、ホント微妙な位置にあるわ。

    だいたい、年賀状1枚で挨拶を済ませるってーのが、なんだわな。はっきり言って。

    そんな程度なら、あってもなくてもおんなじじゃねーかってね。

    あー、痛いとこつくねー。それは正論だわ。

    だいたいねー、1年に1回のこれさえも面倒なんだからねー。

    面倒なことは、一切を排除したいもんだわ。

    面倒なことだらけ。

    でもさー、よくよく考えてみると、

    生きてくこと自体が、案外面倒臭いもんなのかも知れんね。

    ある意味。これがまた。どーしたことか。